Home > ママになろう!!Q&A > 体外受精のポイントの「どう卵子を育てるか」って?

体外受精のポイントの「どう卵子を育てるか」って?


りん子ちゃん
体外受精が適応になった場合、その体外受精の治療ポイントのうち、「卵子をどう育てるか」って…、どういうことですか?

Dr.おっちぃ
妊娠が成立する、それが出産まで到達できるか、そのキーポイントになる1つが「卵子の質」です。
体外受精を行なうとき、たくさんの卵子をとり、たくさんの胚を移植し、妊娠率をあげようと多量の排卵誘発剤を使用する「過排卵刺激法」というものがあります。
よくいわれるLong法やShort法などです。これは卵巣にかなりの負担をかける方法です。
でも自然妊娠は、毎回の周期で排卵されてくる卵子は1つ、多くても2つです。この1つの卵子で妊娠できる力を人間は持っているのです。
その力を最小限の医療で手助けし、その人自身の力を最大限に活用するのが、卵巣に優しい、からだに優しい、そして一番大切な卵子の質へとつながっていきます。
これを自然周期採卵法、または低刺激周期採卵法といいます。
自然周期と過排卵刺激周期との違い

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.nature-ivf.info/ochiB/wp-trackback.php?p=147
Listed below are links to weblogs that reference
体外受精のポイントの「どう卵子を育てるか」って? from 自然周期体外受精 ママになろう!!

Home > ママになろう!!Q&A > 体外受精のポイントの「どう卵子を育てるか」って?

Search
Feeds
Meta

Return to page top