Home > ママになろう!!Q&A > 過排卵刺激法…、卵巣はどうなるの?

過排卵刺激法…、卵巣はどうなるの?


りん子ちゃん
過排卵刺激法をすると、卵巣はどうなるの?

Dr.おっちぃ
排卵誘発剤を多量に使用し、その月経周期にエントリーされる原始卵胞を1つでも多く主席卵胞に育てようとするのが過排卵刺激法です。
通常の卵巣の大きさは、親指大といわれています。この親指大の卵巣の中に、排卵期が近づくと直径20mmに育った卵胞が入っていることになります。親指大の約半分近くが卵胞のスペースになるわけです。しかし卵巣の中には、卵胞が1つだけ入っているのではなく、ここにはまだエントリーされるのを待つ原始卵胞が何千個と眠っています。またエントリーされたけれど、主席卵胞にならず小さくなってからだに吸収される卵胞もあります。
排卵期には、通常でも卵巣は少し大きくなります。
これがLong法やShort法などによる排卵誘発であれば、卵巣の大きさはどうなるでしょう。
直径20mmの卵胞が5個あったら?それだけでも卵巣の大きさは100mmを越します。それが両側卵巣に起きるわけです。
通常の周期、ホルモン作用からでは考えられないことが、排卵誘発剤によって引き起こされるのです。

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.nature-ivf.info/ochiB/wp-trackback.php?p=149
Listed below are links to weblogs that reference
過排卵刺激法…、卵巣はどうなるの? from 自然周期体外受精 ママになろう!!

Home > ママになろう!!Q&A > 過排卵刺激法…、卵巣はどうなるの?

Search
Feeds
Meta

Return to page top