Home > ママになろう!!Q&A > 卵管に障害がある場合、胚移植は?

卵管に障害がある場合、胚移植は?


りん子ちゃん
卵管閉塞や卵管狭窄など、卵管に障害がある場合の胚移植の適応は?

Dr.おっちぃ
卵管に障害がある、また障害がある可能性が高い場合は、胚盤胞移植が適しています。
これは1つに加藤レディースクリニック加藤医師らの『卵管回帰説』に基づくものです。
『卵管回帰説』とは、移植した胚は、卵管に一度帰り、胚盤胞になって子宮に落ちてくるという考えです。どんなに良い初期胚を戻しても機能的な卵管障害があれば、戻る卵管に問題があるために凍結融解胚盤胞移植以外では妊娠に至らないとする考えです。
また胚盤胞移植は、自然妊娠と比較し、本来の時間的ポイントに、本来あるべき姿の胚を子宮内腔へ移植するという点、また胚の選別ができ単一胚移植が可能であるという点でもメリットも効果も高いと言えますが、胚盤胞に発育せずに胚移植がキャンセルになることが初期胚移植より高率で起こるというデメリットもあります。
しかし、このデメリットは、自然周期採卵法を用いることにより良質の卵が確保できることで十分に補えると考えています。

Home > ママになろう!!Q&A > 卵管に障害がある場合、胚移植は?

Search
Feeds
Meta

Return to page top