自然周期体外受精

>

丹羽健人さん(42歳) 夫婦 丹羽彩乃さん(42歳)>ご夫婦の場合

水野さんご夫婦結婚して5年、結婚が遅かったのですぐに子づくり開始しました。2年ほど夫婦でがんばってみましたが、妊娠しないので近所の産婦人科へ。そこでいろいろな検査をしたけれど、特に異常も問題もみつからなかったので、タイミング指導を受けました。1年ほどタイミング指導や人工授精をしたけれど妊娠しなかったので、紹介状をもらって不妊専門クリニックへ転院しました。

そこで3回、刺激周期(LONG法)による体外受精を受けましたが、妊娠しませんでした。そして、その間に40歳を超えてしまいました。今回は2度目の転院です。

 

然周期体外受精

 

自然周期体外受精に必要な検査

不妊原因ピックアップ障害

月経周期3日目か〜。でも他は異常がない?

1.ホルモン検査>……………………>月経周期3日目のFSH値が少し高め
2.クラミジア抗原抗体検査>…………>異常なし
3.子宮卵管通水検査>………………>異常なし
4.ヒューナーテスト>…………………>異常なし
5.精液検査>…………………………>異常なし
6.クルーガーテスト>…………………>異常なし

>

>

注目!>検査結果から、少し月経周期3日目のFSHが高めですが、お薬の助けを借りて卵胞を育てれば大丈夫です。

卵胞を育てるために、少しお薬の力が必要です。

子宮内膜も厚くなり、子宮環境も良好です。

卵管の通過性に問題はないので、受精卵が子宮へ向かって移動することができます。

精子の量、数、運動性とも問題はなく、精子が子宮頸管粘液の中にも十分入り込めているので、相性も悪くありません。

子宮頸管粘液も十分に出ています。

>

体外受精スケジュール

>

卵子の老化

だんだん年をとってきたのかな〜。

問題となっているのは、年齢からくる卵子の質にあると考えられます。卵子の質の低下は、受精や受精卵の成長、染色体異常にあらわれやすい傾向にあります。
また、これまでの治療歴などから卵子と精子が出合えていなかったことが考えられるでしょう。

参照:不妊の原因は?

>

体外受精スケジュール

>

丹羽さんご夫婦が赤ちゃんを授かるために挑戦するのは、 自然周期体外受精です。

自然周期体外受精は、自然な妊娠をお手本にした体外受精で、そのポイントは以下の3つです。

注目!
1、質の良い卵子をいかに育てるか
2、質の良い胚へといかに育てるか
3、良い子宮内膜にいかに移植するか

1、質の良い卵子をいかに育てるか
大量の排卵誘発剤、点鼻薬を用いた体外受精を繰り返すことは、卵巣機能の低下、生理周期の乱れや、卵子の質を落すことにもつながります。そして、通院回数が多い、注射の痛みなどのストレス、またOHSS(卵巣過剰刺激症候群)の発症原因にもなり、心配の種はつきません。質の良い卵子に出会うための薬は、必要分でいいのです。

2、質の良い胚へといかに育てるか
受精は、卵子と精子の力で。これが、基本です。出合う力がなかったと判断できたのなら、顕微授精で助けてあげればいいのです。

3、良い子宮内膜にいかに移植するか
よい卵子が、よい胚になったのであれば、よい環境の子宮内膜への移植が大切です。胚は、一度凍結をして、子宮の環境を十分に整えてから移植をします。
移植する胚は、1つ。それは、子宮が1人用だからです。 それは、安全に安心な出産を迎えるためには、とても大切なことです。

参照:理想的な体外受精:自然周期体外受精

自然周期体外受精

>

検査結果とこれまでの状況から、卵子の質の低下と卵子と精子が出合えていないだろうと診断しました。
質のいい卵子であることが、赤ちゃんを授かるためには重要なことです。質のよい卵子は、自然な生理周期を崩さないように、必要最小限の排卵誘発剤で卵胞を育てます。また、出合いをつくるためには、体外受精が必要です。彩乃さんは、42歳と年齢的には厳しい状況ですが、自然周期体外受精で妊娠に臨みます。

参照:最適な不妊治療って?

>

自然周期体外受精スケジュール

>

通院回数

自然周期の一般的なスケジュール

>

完全自然周期体外受精

テンプレートのpondt